ドイツ

Christopher Vogl

Gleiss Lutz の日本プラクティス・グループに所属する弁護士です。国際的なクライアント、とりわけ、日本・アジアの企業による、EU企業の買収等、ドイツ及び欧州への投資を中心に、M&A、及び企業法務全般を取り扱います。ドイツ (パッサウ)、及び日本 (京都) の大学で法学を学び、フランクフルト大学にて、日本の法律を研究し Ph.D. を取得しました。2010年より2年間の日本在住、及び公正取引委員会他での勤務の経験も持ちます。独日法律家協会 (DJJV) のメンバーです。ドイツ語、英語、及び日本語を話すことができます。

 

肩書
弁護士(ドイツ)

 

連絡先
christopher.vogl@gleisslutz.com

 

所属事務所
Gleiss Lutz